おうちでの時間、もう少しだけ音楽を入れてみませんか?

スタジオレッスンができなくなってすでに3ヶ月が経ってしまいました。

ネット上では様々な音楽関連の動画などがアップロードされていますし、
皆さんもお気に入りのチャンネルを登録されて視聴されているかと思います。
中でも毎日楽しめる質の良いものを2つをご紹介します。
いずれもFacebookページなのでFacebookにご登録の上、ご覧ください。

https://www.facebook.com/chickcorea/
上記ではChick Corea氏によるワークショップが毎日開催されており、講座開始からすでに1ヶ月近く経ちました。
難しいことは抜きにして、まず効くところからはじめてみてください。
ジャズの場合、テーマの演奏が終わればあとはアドリブの連続です。
最初のテーマがどのように変化していくのか、という過程を少しでも聴いてみた上で
普段取り組んでいる楽曲も少し手を加えると同じように変化することを知っていただければと思います。
私がChick先生から直接教えてもらったことは「Everyday we need to practice. Everyday!」です。
以前受けた即興演奏(Improvisation)のレッスンでは毎日の練習が必要と、基本的なことを改めて教えてもらいました。

https://www.facebook.com/makoto.ozone.1
次は日本を代表するジャズピアニストの小曽根真さんのページです。
毎晩、ご自宅から1時間近くのライブ演奏を私たちに届けてくださっています。
コメント欄からリクエストすることもできます。
ちなみに昨夜はChick CoreaのArmando’s rhumbaやFrank Sinatraの歌でお馴染みのFly me to the moonなども演奏されました。
知っている曲がどのようにアレンジされるのか、その場の雰囲気や気持ちで2度と同じ演奏が再現できない即興込みの生演奏を楽しめます。

上記の2名以外にも多くの方々がライブ動画をアップロードされていますが、
私にとっては上記の2名のみで頭がいっぱいいっぱいになってしまいます。
また、両者ともチックコリアが使用しているピアノがヤマハCFX、
小曽根真が使用しているピアノはスタインウェイですので、
演奏者による音色の違いなどの聴き比べも楽しいかと思います。

クラシック学習者にとってコードやアドリブといったものは非常に難しい世界に見えますし、
実際に楽譜無しで野放し状態にされて自由に演奏して良いと言われてもきっと困ると思います。
そういった、同じ楽器なのに違う世界の音楽というものに今のうちに触れておくことは良いことです。
ジャズやラテンなど遠い国の音楽について時間のある今、少しでも多くの楽曲を聴いてみてください。
ヨーロッパの音楽とは違う音楽の楽しみ方が見つかりますように。

4月 18, 2020