2020年度 ピアノコンクールのスケジュールが決まりました。

毎年参加しているグレンツェンピアノコンクールの2020年度のスケジュールが発表されました。

グレンツェンピアノコンクール公式サイト http://www.glanzen-piano.jp/index.html よりスケジュールをクリックし、
第30回グレンツェンピアノコンクールスケジュールをクリックしてご確認ください。

2020年度に大きく変更される点は、
・京都予選の日程が京阪神地区で1番早い日程へ変更
・12月の大阪本選の会場がいずみホールへ変更
・2021年6月の全国大会が第一生命ホールへ変更

夏休み開始前に参加できる予選は京都、神戸となり、
夏休み期間に参加できる予選は大阪のみとなります。

これまでの大阪本選で使用されていた会場(御堂会館、大阪国際交流センター)は多目的ホールでしたが、
2020年度はクラシック専用のいずみホールでの演奏となります。

全国大会はこれまで使用してきた浜離宮朝日ホールのシューズボックス型ホールから
オーバル型の第一生命ホールへと変更になります。

※京都予選、京都本選、神戸予選、神戸本選、大阪予選、近畿地区大会の会場の変更はございません。

すでに2020年度予選の課題曲が発表されております。
時間のある今のうちに楽曲に取り掛かることで、ブラッシュアップに使える時間は圧倒的に増えます。
日頃の練習と並行しながら取り組めるコンクールなので、
経験のひとつとして、演奏力の向上を図るために、各々の目的に合わせて参加されてみると良いと思います。

幼児までは楽しみながら練習を続けた延長線上にコンクール本番を経験し、
小学生は楽譜通りの演奏から1歩進み、自分の考える音楽を模索しながら指先と耳を鍛え、
中学生以上は楽譜を読むだけで雰囲気を掴み、自分らしい作品に仕上げることを目標とする、
そのような心構えで日頃からの練習に取り組まれてみられると良いでしょう。
自分だけの音楽的感性というものを知り、楽器を用いて感情を表現できるような演奏が出来るようになるためにも
ただ楽譜通りに演奏するのではなく、音の流れ(和音の進行)の意味を考えてみましょう。

予選のお申し込みは5月です。
予選に参加される方はお早めにお申し出ください。

追記:
2020年度の予選は都合により7/12の神戸予選のみ講師帯同はございません。

3月 11, 2020