ステージ見学 その3

アメリカ ラスベガスでのステージ見学 3カ所目です。

世界で1番多い客室数(6852室)を誇るMGM Grand Las Vegasで
15年間常設公演を行なっているシルクドソレイユのKAです。

アジアがテーマなので入口には瓦屋根などの演出があります。


G列ですが、Bからスタートするエリアなので前から6列目です。


工場萌えな方が気に入りそうなメタリック系な内装です。


時折、炎がステージに上がるのはちょっと緊張してしまいます。


開演前より演者が客席で盛り上げます。


こちらは開演寸前の様子です。
ここまではカメラ撮影OKのようでした。

KAはシルクドソレイユの演目としては珍しくストーリー性を持つプログラムです。
シーン毎にステージの様子が異なったり、ステージそのものが360度回ったり
縦方向に移動したりする迫力のあるもので見応え十分です。
ショーの内容は比較的アジア系の要素を含んだものが多く、
中国の京劇をモチーフにしたものやアジア人の出演者が沢山います。
その一方でカポイエラなども少し入ったり(笑)
準主役には日本人バトントワラーが初演から長年務めていることもこのショー鑑賞の楽しみだったりします。

何よりも舞台装置の規模の大きさが文章では伝わりませんので
以下のYouTube動画にてご覧ください。

2004年の初演から間もない頃、
在米の方より「良かったです」との感想を伺って以来、
実は今回で○度目の鑑賞でした。
(数えたことないので覚えていないのです。)
とにかくYouTubeなどの映像を通しても素晴らしさが伝わり辛いのがもどかしいです。

ブログランキング参加中!
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
ポチッと押していただくとやる気が出ます。

2月 19, 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です