サンダーバード眠れない問題

特急サンダーバード眠れない問題について。

北陸から大阪方面への最重要交通機関といってもおかしくないはずの特急サンダーバード。
大阪への出張の際、少々奮発した結果
たった1両しか連結されていないグリーン車の1列席を選んでみた。
ここまでの準備は完璧、と自画自賛。

確かに出発の朝は確かに寒かった・・・
サンダーバード乗車後、暖房がガンガンかかっているところへ
2-1列配置の1列部分が東側に面するために
朝の便では朝日+好天による強い直射日光によりサウナ状態。
備え付けのカーテンなどまったく役に立たず。
大阪と金沢の天候の違いをすっかり忘れて寒さ対策もしていたので強烈な暑さにぐったりな3時間。
せめて送風口などが座席上部にでもあれば自分が救われたかもしれない。
500mlのドリンクを2本飲み尽くすも気休め程度。
暑さとちょっとした揺れで眠られないため人間観察モードに入り、
Rimowaのスーツケース率を確かめたり人々がどこへ行くのかを眺めてみたり。
特急サンダーバードの座席がゆりかご方式へと変更されれば・・・
既存特急にもグランクラスが欲しいと痛烈に思った。

ブログランキング参加中!
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへポチッと押していただくとやる気が出ます。

10月 22, 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です